診療のご案内

乳がん検診

マンモグラフィ検診施設画像認定施設

マンモグラフィ検診精度管理中央委員会より
マンモグラフィ検診施設画像認定施設として認定される

当院は、平成20年12月、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会(注1)から、マンモグラフィ検診を行うにあたり基準を満たしている施設『マンモグラフィ検診施設画像認定施設』として認定されました。

マンモグラフィ検診施設画像認定とは

乳がん検診には適切に撮影された『質の高いマンモグラフィ』が必要となります。マンモグラフィ検診精度管理中央委員会は、それを維持するために、医師・放射線技師ならびにマンモグラフィ施設の評価を行い、全国的に統一された認定を行っています。
認定を取得するには、マンモグラフィ装置や、実際に撮影した写真・X線量等が細部にわたり厳格に評価され、すべての審査をクリアしなければなりません。
つまり、マンモグラフィ検診施設画像認定は、高い水準にある認定読影医(注2)及び認定撮影技師(注3)が在籍し、乳房撮影の画質、品質管理、被ばく線量が基準値を満たし、乳がん検診の質の高さを認められた施設にだけ与えられるものです。

当院もマンモグラフィ検診施設画像認定を取得しました

マンモグラフィ
当院ではマンモグラフィ検診施設の認定を受けるべく、ハード面及びソフト面での努力を積み重ねてきました。
平成20年5月にはデジタルマンモグラフィ(乳房X線撮影)の読取装置が更新されました。新しい装置は従来のものと比べて高精細な画像出力が可能になり、より微細な病変が求められるマンモグラフィに適した高精細画像を実現しています。また、検診に関わる外科医師3名及び診療放射線技師3名が読影試験に合格し認定されました。その結果、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会より、無事に施設認定の許認可を得ることができました。
今後もみなさまへ良質な医療の提供と健やかな健康維持に貢献できるよう努力してまいりますので、お気軽に受診ください。
なお、当院では外来診療と検診を混合して実施しているため、ご迷惑をかける場合がありますことをあらかじめご了承くださるようお願い申し上げます。

(注1)NPO法人マンモグラフイ検診精度管理中央委員会
わが国の乳がん検診の精度管理を担う関連の主要6団体で構成されたNPO法人。マンモグラフイ検診の精度管理について検討し、医師・放射線技師や検診実施機関・精密検査実施機関、一般住民や患者団体に対して、教育研修・評価認定事業、検診啓発事業、患者団体との連携等の事業を全国規模で行い、わが国における精度の高いマンモグラフイ検診の普及、ひいては乳癌死亡数低下のために寄与することを目的としている。
(注2)検診マンモグラフィ読影医師
マンモグラフィ精度管理中央委員会が主催する読影試験を受け、認定された医師
(注3)検診マンモグラフィ撮影診療放射線技師
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会主催の撮影技術・精度管理プログラムを受講し、認定試験を受けて認定された診療放射線技師

Q&A よくある質問

Q1 乳がんってどんな病気?
Q2 乳がんになるひとが増えてるってほんと?
Q3 乳がんは早期発見すれば治るの?
Q4 マンモグラフィってなに?
Q5 マンモグラフィって痛いと聞きますが・・・
Q6 被ばくが心配で・・・
Q7 マンモグラフィで乳がんを診断できないことはあるの?