HOME
診療案内
お問合せ
電話
PAGETOP
文字サイズ 標準 拡大
背景色の変更
0155-62-2811
メニュー
ページID:id626

疣贅(ゆうぜい)外来

尋常性疣贅(いわゆるイボ)に対する液体窒素治療を始めました。

尋常性疣贅とはヒトパピローマウイルスの感染によって手や足にできるイボのことです。従来は液体窒素をつけた綿棒をイボにあてて治療していましたが、当科では液体窒素をスプレーで圧力をかけて噴霧する器具(CryoPro:写真1)を導入しました。イボに対して液体窒素を噴霧して治療してゆきます(動画1)。1か所に対して1週間に1回、数秒の噴霧で終了します。1回の治療で改善することはなく、数回にわたって噴霧する必要があります(写真2から8)。長い場合は数か月かかることもあります。
従来の治療法に対して痛みが少なく、治療時間も短く効果的です。しかし症例によっては痛みを感じたり、治療後に出血や水疱が生じることがあります。
通常の午前外来以外にも毎週金曜日の16時30分から外科外来で治療をおこなっています。金曜日は夕方に治療していますので子どもさんも学校が終わってから受診可能です。金曜夕方は通常外来が終了してから治療をおこなっていますので待ち時間は僅かです。お気軽に受診ください。
※ミズイボは対象としておりません。


再生できない場合はこちらからダウンロードしてください。
写真01
写真01
写真02
写真02
写真03
写真03
写真04
写真04
写真05
写真05
写真06
写真06
写真07
写真07
写真08
写真08
動画1:治療動画
写真1:CryoPro
写真2:治療前
写真3から7:治療中
写真8:治癒

対応疾患・治療技術情報一覧

© 2019 MEMURO PUBLIC HOSPITAL All rights reserved.