診療のご案内

眼科

外来

白内障、緑内障、眼底出血(糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症)、ぶどう膜炎などの内眼疾患をはじめ、ものもらい(麦粒腫)、翼状片、結膜炎などの外眼疾患を治療しています。

白内障初期で視力が良好な方が霧視感(かすみ)、まぶしさを自覚される場合、サングラスの様な特殊コーティングレンズが症状を軽減させることがあります。手術を考える前に一度ご相談ください。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)、手足などの冷え、老人のかすみ目、多発性霰粒腫(さんりゅうしゅ)、涙目やドライアイなどにお腹を触る(腹診)など東洋医学的な診断を行い、その人に合った漢方薬の処方を心掛けています。お腹などを触りその人の病状にあった薬を処方しています。尚、眼瞼痙攣に対してボトックスによる治療も当院で可能です。

検査

視力検査、眼圧測定、屈曲検査などの一般的な検査は眼鏡やコンタクトレンズの処方、通常の診察日に行っています。視野検査、蛍光眼底造影検査などは予約で行っています。

視能訓練

視能訓練士が弱視の検査、視能訓練を行っています。弱視の治療は概ね10歳くらいまでに行わないと効果が低いです。就学前検査で低視力を指摘されたら速やかに眼科を受診しましょう。

レーザー手術

網膜裂孔、糖尿病性網膜症、後発白内障、急性緑内障などにレーザー手術を行っています。

手術

白内障や翼状片、眼瞼下垂・下眼瞼内反症、涙目関連の手術を行っています。白内障手術は、超音波乳化吸引装置を用いた小切開手術です。2泊3日の入院が基本ですが、状況によっては日帰り手術も可能です。

眼瞼下垂や下眼瞼内反応の手術はサージトロンを用いて、出血の少ない手術を目指しています。特に涙目(鼻涙管閉塞症、涙嚢炎、涙小官閉塞、涙小管炎など)の手術(先天性鼻涙管閉塞症に対するブジー、涙嚢鼻腔吻合術、涙管シリコンチューブ挿入術など)は、帯広・十勝管内だけでなく道東を含めその中心となるべく努力しております。涙嚢鼻腔吻合術や涙管シリコンチューブ挿入術に際しては、涙道内視鏡や鼻腔内視鏡を使い、確実性・安全性を高めた手術を施行しています。

(糖尿病網膜症などの硝子体注射・硝子体手術、緑内障や網膜剥離の手術は旭川医大病院や帯広協会病院などに紹介しています。)

画像転送システム

重症な糖尿病網膜症などの高度な判断が必要な場合は、3Dハイビジョンカメラを用いた画像転送システムを使い患者さんは当院に居ながらにして旭川医大の各専門分野の医師の診察が可能な体制を執っています。

また、緊急性が低い場合は遠隔相談システムを用いて大学病院医師の意見を参考に治療を行っています。

眼科スタッフからの一言

患者さんに寄り添った検査や看護を行うように心掛けています。何かございましたらお気軽にお声掛け下さい。