当院のご案内

施設紹介

すこやか検診


すこやか健診・特定健診部門(2F)

芽室町民を対象にすこやか健診(1日人間ドック)・特定健診を始め、共済職員や学校職員の健診等を実施しています。

また、健診結果によって必要な方には保健指導・栄養指導を実施しています。
≪健診の種類と検査内容≫
1.すこやか健診・・生活習慣病の予防、がんを始めとする疾病の早期発見を目的とした検査内容になります。
【検査項目】・身体計測・血液検査・尿検査・血圧測定・診察・視力検査・聴力検査・眼底検査・心電図検査
・胸部レントゲン検査・胃内視鏡検査(又は胃バリウム検査)・腹部超音波検査・便潜血検査
※オプション検査・・前立腺がん検診、乳がん検診、子宮がん検診、内臓脂肪量測定検査等
2.特定健診・・・メタボリックシンドロームによる生活習慣病の予防を目的とした健診内容になります。
【検査項目】・身体計測・血液検査(7項目)・尿検査・血圧測定・診察
※オプション検査・・内臓脂肪量測定検査

地域連携室

主な業務内容
1.地域関係機関などとの連携
○医療機関・施設からの紹介患者さまの受け入れ
○他医療機関への紹介(検査・受診予約)
○地域連携パス運用患者さまの受け入れ及び支援
○関係機関との情報交換・連絡調整

2.入院患者さまの退院調整
○在宅復帰支援
○転院・施設入所支援
○施設入所患者さまの再入所支援

3.在宅療養支援
○内服や医療処置などの自己管理に関する指導や助言
○在宅ケアや介護についての相談
○受診や入院の相談

4.医療福祉相談
○医療費、生活費に関する相談
○介護保険サービスに関する相談
○身体障害など各種社会福祉サービスに関する相談
○その他、心配事や不安などの相談

歯科

歯科歯科

主な診療科目   一般歯科

対応疾患の特徴   有病者、術前のケア、高齢者の歯科治療にも対応

部署の特徴   当院歯科は、一般歯科を行っており、歯科医師一名、歯科衛生士
二名、歯科助手四名で対応しています。
当科は予約の方を優先して診療しておりますが、急患の方も随時
受け付けておりますので、何かありましたら是非ご相談ください。

その他    受診に際しましてスムーズな診察を行うために

1; 診察カードをお持ちの方は、裏のシールに書いてある赤い番号
(歯科のカルテ番号になります)を事前にお知らせください。

2; 持病などがあり、現在お薬をおのみになっている方は、お薬の
メモをお持ちください。
(のんでいる薬の種類によって治療の内容が変わる事があります)

3; 些細な既往症(ちょっと調子が悪く、内科や整形などを受診した
事がある など)も、お知らせください。
より安全な治療を行う事ができます。

まずは、お口の中に不安や気になる事がありましたら是非お気軽にお声
をかけてください。
スタッフ一同お待ちしております。

リハビリテーション係

言語療法室作業療法室01作業療法室02

理学療法室01理学療法室02理学療法室03

当院リハビリテーション(理学療法・作業療法・言語療法)では、地域の視点に立ち小児から高齢者までの年齢層に対して病院・施設・在宅等、あらゆる場面でのQOL(生活の質)の向上を促しています。

【リハビリテーションの体制】
・理学療法士 3名(常勤)
助手  2名~マッサージ(日勤)1名・補助業務(午前勤務)1名
・作業療法士 1名(常勤)
・言語聴覚士 1名(常勤)
【施設基準】
・脳血管疾患Ⅱ
・運動器疾患Ⅰ・Ⅱ
・呼吸器Ⅰ
【対象疾患】
中枢神経疾患・整形外科疾患・循環器疾患・小児疾患・悪性腫瘍など
【リハビリテーションの実際】
理学療法
Ⅰ.運動療法(全身調整訓練・関節可動域訓練・筋力増強訓練・持久力増強訓練)
Ⅱ.日常生活動作訓練
Ⅲ.物理療法(温熱療法・電気療法・その他、牽引・マッサージ)
作業療法
Ⅰ.運動療法(全身調整訓練・関節可動域訓練・筋再教育訓練・巧緻性訓練・
上肢機能訓練・感覚再教育訓練)
Ⅱ.日常生活動作訓練(食事・整容・排泄・起居・移乗・移動・入浴など)
Ⅲ.高次脳機能訓練
Ⅳ.環境調整
Ⅴ.職業関連訓練
Ⅵ.スプリント
Ⅶ.自助具
言語聴覚療法
Ⅰ.失語症訓練
Ⅱ.発声・発語機能訓練
Ⅲ.高次脳機能訓練
Ⅳ.コミュニケーション訓練
Ⅴ.嚥下訓練
【診療時間】
1.診察日と受付時間
外来:月曜日~金曜日(年末年始・お盆休暇・祝祭日を除く)
入院:月曜日~金曜日(        〃       )
2. 治療訓練時間と受付時間
外来:月曜日~金曜日 治療時間 (午前) 8:45~12:30
(午後)13:30~17:15
受付時間 (午前) 8:45~12:00
(午後)13:30~16:30
入院:月曜日~金曜日 治療時間 (午前) 8:45~12:30
(午後)13:30~17:15
※予約のある場合は時間外対応あり

薬剤係

薬剤係お薬のことは気軽に相談しに来て下さい。

  • 調剤及び製剤に関すること。
  • 麻薬の管理に関すること。
  • 調剤及び製剤器械器材の管理に関すること。
  • 薬品及び血液の購入要求並びに出納保管に関すること。
  • 処方箋の保存に関すること。
  • その他薬務に関すること。

放射線係

  • 放射線係はX線を用いて、身体の各部位を撮影し画像にすることにより、患者の病気の発見や状態を情報提供しています。
  • 骨塩定量測定による、骨粗鬆症の検査をします。

検査係

  • 患者さんの検体(血液・尿・便など)で診療に必要な情報を得るため仕事しています。
  • 心電図を録ります。
  • 聴力検査、肺機能検査、眼底写真撮影をします。

人工透析係

人工透析人工透析

スタッフ:看護師6名、臨床工学技士2名。 患者監視装置はセントラル18台、個人用監視装置2台です。月曜日から土曜日まで治療しており(月・水・金は午後透析も施行中)、芽室町のみならず近隣の市町村からも通院されている方もいらっしゃいます。

  • 人工透析業務の実施に関すること。
  • 人工透析機械及び器材の管理に関すること。
  • その他血液浄化に関すること。

栄養管理係

栄養管理室

  • 患者用給食の献立、調理及び配膳に関すること。
  • 給食用の食材及び物質の調達並びに出納保管に関すること。
  • 栄養の調査研究及び栄養相談に関すること。
  • 栄養の計算及び統計に関すること。
  • その他病院の給食に関すること。

外来部門

内科外科待合室待合室

休憩コーナーには、畳の部屋、子供達のプレールームなどがあり広々と開放的な雰囲気です。

手術室・中材

手術室01手術室02

<中央材料室>

中央材料室では、手術や検査、処置に使用した医療器械の洗浄から滅菌にいたる業務やガーゼ等の材料の滅菌を行なっています。

各部署で使用した器械は、超音波洗浄器やジェット洗浄器など各種洗浄手段を用いて、目に見えない細かい汚れまできれいに落としています。

その後、包装し高圧蒸気滅菌装置(オートクレーブ)で、135℃の高圧蒸気を用い全ての微生物を死滅させます。またゴム製品のように高圧に耐えられないものはプラズマ滅菌器で滅菌しています。

直接患者さんと関わることはありませんが、日々患者さんに安心と安全を提供できるよう務めています。

<手術室>

当院では3室ある手術室で外科・産婦人科・眼科・整形外科の手術を行なっています。

下肢静脈瘤手術をはじめ、、内視鏡下手術による胆嚢摘出術、帝王切開術、白内障手術、骨折に対する骨接合術など様々な手術に対応しています。

下肢静脈瘤手術においては日帰りででき、年間300件近く行なっています。

室内にはBGMが流れており、患者さんがリラックスして手術が受けられるよう、また安全・安楽に手術が終えられるよう、看護ケアを提供しています。

2F病棟

2階ナースセンター2階ナースセンター

外科・整形外科・産婦人科の混合病棟です。

生まれたばかりの赤ちゃんから、100才を超える方まで、幅広い年齢層、さまざまな病気の方々が入院されています。日帰り手術を受ける方、数か月という長期の入院をされる方、出産をされる方、状況も色々です。
お一人お一人がより快適に入院生活を送ることができるよう身の回りのお手伝いや退院後の生活も考えた援助をしています。

3F病棟

3階ナースセンター
当病棟は主に肺炎や消化器系疾患や検査、およびターミナル(終末期医療)の方々に看護を提供しています。スタッフは師長をはじめ看護師20名(うちパート1名)、看護助手6名、看護チームは2チームで構成されています。
私たちは患者が安心して入院生活を送れるよう、患者または家族の希望に添えるようカンファレンスを実施し、よりよい看護を提供できるように努めています。また、亡くなる患者も少なくなく、デスケースカンファレンスを全例行い看護の振り返りや次に活かし繋げたいことも検討しています。忙しい時もありますが、スタッフ間でコミュニケーションを図り協力しています。業務改善なども積極的に行っており、自分たちで働きやすい環境作りができるよう意見交換も行っています。
他部署に比べると20代のスタッフが多く活気に満ち溢れています。1/3は子育て中のスタッフですが、仕事と育児を両立させながら頑張って働いています。

4F病棟

ナースセンター4Fナースセンター4F

慢性期の内科病棟です。 患者さんは50歳から100歳を越えた方まで幅広く?平均年齢は80歳以上です。 入院患者のやく90%が寝たきりの患者さんで、私達看護師の仕事としては、点滴や症状の観察の他に、排泄の介助、食事の介助など、身の回りのお世話が他の病棟に比べ多く占めています。 また、慢性期内科の病棟という事もあり、何度も繰り返し入院される方が多く、それぞれの患者さんに担当看護師がいて、継続看護を行っています。高齢の患者さんは家族が面会に来られるのを楽しみにしている方が多く、私達も家族が来られた時には簡単に日々の出来事などの情報を伝えて、出来るだけ多く面会に来ていただけるように家族の方ともコミュニケーションを取っていくように心掛けています。

庶務係

  • 病院職員の人事及び給与に関すること。
  • 文書及び電信電話の収受発送並びに保管に関すること。
  • 病院事業会計の収支予算及び決算並びに予算経理及び現金の保管に関すること。
  • 施設の営修繕、整理、清掃及び冷暖房に関すること。
  • 院内の火災及び盗難予防警備に関すること。
  • 医療機材及び消耗品の出納保管並びに不要品の処分に関すること。

医事係

  • 診療報酬、一部負担金、使用料及び手数料の請求並びに収納に関すること。
  • 診療録、診断書類等医療法に規定する各種記録書類の整理及び保管に関すること。
  • 医療法(昭和23年法律第205号)等法令に基づく各種届出及び報告並びに申請に関すること。
  • 患者の受付及び入院に関すること。
  • 出張診療及び検診業務に関すること。
  • 入院患者に関する他施設との連絡調整に関すること。
  • 薬品、診療材料等物品の購入、受払い及び管理に関すること。ただし、他の主管に属するものを除く。

オストメイト対応多目的トイレ

オストメイト対応多目的トイレ

このトイレは、どなたでも使用できます 多目的トイレとは? 1.介助が必要な方のための広い室内のトイレ 車イスは室内でどの方向にもターンできます。ベビーカーと一緒にトイレに入ることができます。 2.乳児のオムツ換えのためのベッドが備えてあるトイレ 3.オストメイト対応トイレ オストメイトとは? 直腸や膀胱などの臓器に機能障害を負い、手術によって、人工的に人工肛門や人工膀胱の「排泄口(ギリシャ語でストーマ)」を造設した人を「オストメイト(ostomate)」と言います。ストーマの種類には、消化管ストーマと尿路ストーマがあります。 オストメイトの方が困っていること ※汚れた舗装具(パウチ)や衣服、身体を洗う設備がない。 ※冬場、汚れた腹部を洗いたいのに水しか出ない。 ※着替えや補装具などを一時置きする場所がない。 ※パウチを正しく装着できているかを確かめたいが、下腹部が写る鏡がない。 ※外見上は健常者と変わらないので、入り口表示が障害者用だけだと車イストイレに入りづらい。 このトイレは、オストメイトの方が気軽に外出し外出中のアクシデントに対応できるよう、日本オストミー協会のご指導を頂きこのたび完成しました。皆さんもご一緒に大切に使いましょう。

医療スタッフの資格および診療報酬上必要な研修修了者数

認定資格・各種検定修了 人数
1)看護科
日本医療機器学会第2種滅菌技師 1
介護支援専門員 5
災害支援看護師 3
弾性ストッキング・コーディネーター 3
リンパドレナージュセラピスト 2
糖尿病療養士 1
認知症ケア専門士 1
3学会合同呼吸療法認定士 1
認定心理士(学位取得) 1
新生児蘇生インストラクター 1
運動療法士 1
BLS (アメリカ心臓協会1次救命処置プロバイダー) 1
ACLS (アメリカ心臓協会2次救命処置プロバイダー) 1
タッチケア認定指導員 1
セラピューティックケアセラピスト 1
JAA アロマコーディネーター 1
新生児蘇生専門コース(Aコース)修了 7
看護必要度評価者研修修了 5
保健師・助産師・看護師実習指導者養成研修修了 3
癌リハビリテーション研修修了 2
医療安全管理者養成研修修了 1
ラクテーションコンサルタント(母乳育児支援) 1
桶谷式乳房管理法セミナー修了 1

2)診療技術科
検診マンモグラフィ撮影技術認定 2
認定輸血検査技師 1
心理学検定一級 1
地域ケア会議介護予防アドバイザー 1
がんのリハビリテーション研修終了 4
第2種ME技術実力検定 1
STのためのインフォメーションコース 1
認知神経リハビリテーション講習会ベーシックコース受講終了 1

3)歯科
在宅歯科診療支援衛生士 1

4)事務
介護支援専門員 3