HOME
診療案内
お問合せ
電話
PAGETOP
文字サイズ 標準 拡大
背景色の変更
0155-62-2811
メニュー
ページID:id74

ごあいさつ

院長 研谷 智

院長 研谷 智

 令和2年4月1日に公立芽室病院院長に就任いたしました、研谷智です。私は平成10年度に当院に常勤医として1年間勤務後、翌年旭川医科大学整形外科に異動、平成28年度に再度当院に赴任しました。大学勤務の17年間も、週1回当院に出張診療に通っておりましたので、気持ちとしてはずっと当院に関わっていたという思いがあります。この間、芽室町の皆さま、公立芽室病院をみんなで支える会の会員の皆さまをはじめ、院内のスタッフらの協力のもと、診療を続けてこられましたことを感謝申し上げます。
 さて、昨今の病院経営を取り巻く環境には厳しいものがあります。医療機能分化連携、診療報酬改定、医師及びスタッフ確保の問題など挙げればきりがありません。さらに追い打ちをかけるように、様々な悲しい出来事も沢山ありました。現在では、新型コロナウィルス感染対応などに追われている状況です。
 しかし、このまま手をこまねいているわけにはいきません。今後、我々はどうしたらよいかを考え、病院経営の柱を新たに制定したところです。
 本年は、病棟の再編成を行うこととしています。現在閉鎖中の3階病棟に療養病棟40床を新たに開設します。また包括ケア病床を増床します。療養病床を開設することで、治療終了後の自宅や施設への退院がスムーズに進むことが期待されます。
 医療スタッフも、患者さま中心の医療を心掛け、また患者さまを支えるご家族の立場になって考えることが必要不可欠です。他にも、地域の医療機関や介護機関と密な連携をとらなければなりませんし、また病院職員が誇りを持てる職場を創ること、気持ちよく仕事ができる環境を整えることも必要と考えています。
 これらの思いが結集されれば、公立芽室病院は、芽室町民のかかりつけ医的存在として信頼され、認めていただけるのではないかと期待しております。
 今後も、芽室町民の皆さま、「公立芽室病院をみんなで支える会」の会員の皆さまの期待に応えられるような病院となるよう、職員一同努力し邁進していく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

看護科の理念と基本方針

私たちは地域の人々のために、知識と技術と思いやりを全ての行為に反映させ、心に寄り添う看護を提供します。

基本方針

  1. 患者さんの個別性を尊重し、共に歩む看護を実践します。
  2. チーム医療における看護師の役割を果たし、効率的な医療を提供します。
  3. やりがいと働きやすを実感できる職場環境をつくります。
  4. 看護の専門性を追求し、知識・技術を向上させます。

公立芽室病院 総看護師長:半澤 加代子

© 2019 MEMURO PUBLIC HOSPITAL All rights reserved.